• 2021年12月1日
  • 2021年12月1日
  • 0件

第5話 オランダに行ってみて(リレーエッセイ)

 僕は、「オランダには自分探しのゴールが、答えがある」と思い、日本を出国しました。ちなみに、出国前からホームシックでした。(笑)  オランダでは、色々な経験をしました。  サークルになっての対話、ワールドオリエンテーション、シェアハウス、ホームステイ、カードゲーム、現地の学校見学、川に落ちたことや、英語でのプレゼンテーション…。  毎日が刺激的で、とても贅沢な時間でした。   そんな素敵 […]

  • 2021年12月1日
  • 2021年12月1日
  • 0件

第3話 チャイムのない教室で(山地芽衣)

 2016年の9月、渡蘭して間もなく始まった教員養成学校の小学校実習。私の実習クラスはとあるイエナプランスクールの高学年グループで、日本でいう小学校4〜6年生の26人の異学年学級だった。ここに週2日、実習生として通っていたのだが、ここで初日から私が個人的に取り組んでいたことがある。それは子どもたちや先生を観察することだ。 小学校とはいえ、ここはオランダ。日本の小学校とは異なる部分が数多くある。まず […]

  • 2021年11月30日
  • 2021年12月1日
  • 0件

第8話 生きるとは、変化し続けること(リヒテルズ直子)

驚きのゲストスピーカー  多分今から15年ほど前のことだったと思います。  日本からの視察者数人と、イエナプランスクールを訪れていた時でした。午前10時ごろ、その学校に到着すると、まだ30代の若い女性の校長先生がとても明るい微笑みで私たちを職員の休養室に招き入れ、まずは学校の概要を説明してくれました。30分ほどの説明が終わり、さあ、これから校内を見学するという時になって、その校長先生が、相変わらず […]

  • 2021年10月29日
  • 2021年10月29日
  • 0件

第4話 二人三脚(リレーエッセイ)

最近よく考えることがあります。 「子どもの思いを尊重するってどういうこと?」「自分の価値観で子どもの思いをないがしろにしていない?」  こんなことがありました。  パソコンのカメラの動画機能で、一時停止ボタンを使えば、特別な動画編集アプリを使わなくても、簡単な動画が作れることに気づいた子どもたち。すぐにその機能を使って動画を1本作ろうという話になりました。既存の動画を自分たちで再現して撮影しようと […]

  • 2021年10月29日
  • 2021年10月29日
  • 0件

第3話 イエナプランは人の暮らしの中にある(リレーエッセイ)

 私は数か月前まで公立の小学校で働いていました。今は仕事を辞め、毎日気の向くままに生活をしています。  教育現場を離れた私に何か書けることはあるのだろうかという思いを持ちつつ、教育現場を離れた私だからこそ書けることを、今、感じているままに書いていこうと思います。  突然ですが、私はお昼ご飯によく卵かけ納豆ご飯を食べます。卵は平飼い卵、納豆は無農薬の大豆を使用したもの、ご飯は無農薬の玄米。このちょっ […]

  • 2021年10月29日
  • 2021年11月1日
  • 0件

第6話 サークル対話はどう進める? サークル対話は何のため?(リーン・ファンデンヒューヴェル)

 イエナプランスクールの学校生活は、まず、みんながしっかり顔を合わせてお互いに挨拶するところから始まります。ちゃんと意識してお互いに顔を合わせ、お互いに対して注意を向け合うことで、みんなでうまく1日のスタートを切れるようになるのです。 また、放課(授業が終わって帰宅する)の前にも、またサークル対話を開いて、みんながお互いの顔を見て、その日を振り返り、必要に応じて話し合えるようにしています。 このよ […]

  • 2021年10月28日
  • 2021年11月1日
  • 0件

第6話 催し(ヒュバート・ウィンタース)

 イエナプランのコンセプトには4つの基本活動があるのはご存知の通り。共に話し、共に働き、共に遊び、共に催す、の4つだ。「共に催す」と聞けば、私たちは、すぐにまず何か楽しいことや嬉しいことを祝う催し、パーティを思い浮かべる。 当然と言えば当然だ。なぜなら、学校でも、行われる催しの多くは、こういう楽しいものが圧倒的に多いからだ。何か嬉しいことがあると、その度に私たちはパーティを開いて一緒に催そうとする […]

  • 2021年9月29日
  • 2021年9月29日
  • 0件

第2話 本音と建前(リレーエッセイ)

 2017年、イエナプラン教育専門教員養成研修に参加した私の初めての実習先は、フェーンダムという街にある イエナプランスクール イン・デ・マネ(In de Manne)でした。ここは、0~2年生/3~5年生/6~8年生(4~12歳)の異年齢学級がそれぞれおよそ3クラス。全員が平屋の校舎に収まる適度なサイズ感から、家庭的だけれどダイナミックな印象も受ける学校でした。  このイン・デ・マネに滞在する期 […]

  • 2021年9月29日
  • 2021年9月29日
  • 0件

第1話 モノサシ(リレーエッセイ)

 僕は、児童ホームで、15時を迎えていました。みんなでおやつを食べようとしているときです。ある子が、リクくんという子に向かって、こう言いました。「リクくんって、鬼ごっこ得意?」  私は思いました。「リクくんは、スキップは得意だけど、全速力で走ることは少ないほうだな。全速力で走る鬼ごっこは、得意とは言いにくいなぁ」と。そのときでした。進級したばかりの小学生ユイトさんがこのようなことを言いました。「リ […]

  • 2021年9月5日
  • 2021年10月29日
  • 0件

第5話 宿題なんていらない(ヒュバート・ウィンタース)

 サークル対話をしていたら、一人の子が「どうしてこの学校には宿題がないの」と言った。  実は、これは他の子どもたちからもよく聞かれたことのある問いだった。子どもたちは、他の学校には宿題があるのを知っていたからだ。ある子などは「本当の学校には、中学校と同じように宿題があるんだよ」とさえ言っていたくらいだ。  これは、いい対話になるぞ!  さっそく、子どもたちと一緒に、宿題の問題点と利点を並べたリスト […]

>イエナプラン 共に生きることを学ぶ学校

イエナプラン 共に生きることを学ぶ学校

フレーク・フェルトハウズ、 ヒュバート・ウィンタース 著 リヒテルズ 直子 訳

CTR IMG