上を向いて暮らそう(桝井論平)

まずは遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

 まぁ、年が明けるのがこんなにも待ち遠しかったなんて珍しいことよね。ボクは今年の年賀状は「さぁ人類よ頑張れ」とメッセージしました。まだまだ国境を越え民族を超えて、まさに人類としての「ウイルス」との闘いが続いています。
 と思ったらすんなり「人類よ」という呼びかけが出てきたんです。
 覚えていますか。日本時間で1969年7月21日、午前5時17分。アポロ11号で人類初の月面着陸に成功した時、アームストロング船長の言ったコトバ「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ」。
 全世界のだれもが「人類」という表現に心をときめかせたのです。
 そして今、改めてこの「人類目線」が人々の心を突き動かしています。今度は人類が力を合わせての闘いです。さぁ、苦しみや悲しみを乗り越えて、毅然としてしっかりと上を向いて進んでいこう。上を向いて暮らして行こう。
 「人類」の幸せを心から祈ってます!

僕の本『上を向いて話そう』知ってますか

 この本はボクがキミの幸せを願って書いた「話術」の本です。少しでも役に立てたらうれしいなぁ。
 アナウンサーをやっててね、つくづく思ったの。色々聞こうとインタビューするよね。でもお互いに目を見つめ合ったまま、じぃーっと黙ってすごすなんてことも素敵なんじゃないのかなぁって。それから話すわけ。あぁ、心が通ったなぁと実感する喜び。
 そうやっていろんな人と心を通わせながら人生を楽しく充実させてほしい。そういう思いをこめて書いた本なの。
 悲しみを乗り越えて、人生を前向きに、さぁ! 上を向いて歩こう! という永六輔さんの名曲、放送でお世話になった永さんに捧げる思いもこめて書きました。
 それからアナウンサーっていうのは、人の心をハッピーにする明るく爽やかな声を出すっていうのがイノチなのね。だから新人時代はキミの持っている声の中で一番いい声を出せって猛特訓を受けます。
 この本でも「いい声」を出す練習法をきっちり書きました。たぶん、ほかにある「話し方」や「話術」の本には出てないと思うのでぜひ上手に活用してくれたらうれしいなぁ。
 あとは「日本語ってこんなにスゴイんだ」っていうこと。読んでくれた時のキミの素敵なニッコリ笑顔。あぁ、楽しみ、楽しみ。

ボクは今、満 81歳です

 先日、放送を通じて長年の縁を結ばせてもらっている友人たちが、満81歳になるボクのために「盤寿祝い」の宴を催してくれました。「盤寿」の盤は将棋盤のことで、将棋盤は縦横が9×9で桝目が81あることから81歳を「盤寿」というんだそうです。ボクもはじめて知りました。
 おかげ様で大変楽しいひと時を過ごせたんだ。でもさぁ、なーんでオレが81歳なんだって、もう我ながら信じられないの。それなのにカラダの方は大変正直でございましてね。歩けば転ぶ、食べればこぼす。喋ればひたすら、えーと、えーとの「ど忘れ大会」。そうか、これが「老化」というものなのか。
 それでわかったの。「老化」っていうのは逆にどんどんちっちゃいこどもになっちゃうってことなんだ。そうだ、「老化」とは「幼化」のことと覚えたり! なんてね。うまいこというでしょ。
 そういえば近頃はやたらカミさんに甘えてバッチリにらまれておりますじゃ。そして、こういう「カラダ」になってみて、ハタと困ったのは、とに角自分の「カラダ」との付き合いが一番大事なことになってさ。アトはもう知らないよの毎日。そうか、これもしっかりの「幼化」なんだ。くどいねぇ。

ボクの日常生活

 今はもうほとんど「仕事」はリタイアしてるんで、そっちの方のストレスはないんだけど、そういうわけで、アンタ、「カラダ」がストレスの塊みたいになっちゃってるでしょ。もう、やれやれなのよ。
 そうやって悶えに悶えてついに悟ったの。ストレスに負けない暮らしとは何か。
 わかった! そうか。そうなのだ。ストレス、ストレスってこわがらないでストレスとお友だちになっちゃえばいいじゃないか。だったら、毎日をいつも通りに過ごせばいいんだ。いつも通りが一番「楽」。そう、ストレスを友として生きる。いいねぇ。
 というわけで、ボクの毎日。起床は朝4時半。それから歩いて20分ばかりの地元のファミレス「デニーズ」で6時オープンから8時まで約2時間、モーニングコーヒー三杯おかわりして読んだり書いたりの独りお勉強会。この原稿も「デニーズ」で書いたんです。
 この時間の客はほとんど常連のじいさん達でね。まぁ朝からステーキとかよく食うんだよ。もう参るぜ。こっちはというと昼にビール、夜は黒霧島のお湯割りとビールで一日ぶらーりぶらりのフーテンじじい。夜は8時にオネンネです。さぁ、今年も一緒に、人生、楽しくやろうぜ。By ロンペー(完)

桝井論平(ますいろんぺい)
1939年11月15日生まれ。私立開成学園中学・高校、学習院大学政治経済学部卒業。1964年TBS入社。同期のアナウンサーには大澤悠里氏、一期先輩に鈴木史朗氏がいた。後輩アナウンサーに久米宏氏や小島一慶氏、生島ヒロシ氏がいる。1999年有限会社桝井論平事務所を設立、フリーの立場で講演やアナウンス活動を開始中。