「ゆめ工房」さんに行ってきました

 東京江東区にある『ゆめ工房』では、身体・知的・精神の3障がいを持った人たちが一緒に働いています。仕事内容は、軽作業、ダイレクトメール、自主製品製造販売などの作業です。
 皆さまにお届けしているカタログのセット作業もこちらにお願いしています。先日、お伺いして実際の作業の様子を見させていただきました。
 2つのテーブルに分かれ、流れ作業が始まります。リーダーは作業の進み具合をホワイトボードに書き込み仕事状況がわかるように管理していきます。
 皆さん淡々と仕事をこなしているのですが、ほんわか和やかな雰囲気に包まれた空間でした。それには、指導なさるスタッフの方々の下準備や工夫、環境づくりなどの努力があることにも気づかされました。これからも長いお付き合いになりそうです。

ほんの木のDM 封入作業の様子です。
作業手順はマニュアル化されていて、役割もカタログセット係、袋詰め係、検品係と得意作業に分担。また、すべてを100 セットずつの単位で管理しています。その中で、1 枚でも余ったり、足りなかったりしたら再チェックとたいへん質の高い作業体制です。