入浴剤の効果の違いはズバリ「濃さ」です!

●みなさま、冷え症対策は万全でしょうか?

 朝晩の冷え込みが気になるこの季節。冷え症対策は万全でしょうか。

「お風呂で温まったはずなのにすぐに冷えを感じる」
「お布団に入っても手足がしびれるように冷えて、なかなか寝付けない」

そんなお悩みでお困りではありませんか。
「冷えは万病のもと」といわれるように、身体にさまざまな悪影響をもたらすと考えられています。また、放っておくと「脳梗塞」や「脳出血」の重篤な病気にならないとも限りません。

●入浴剤の効果ってみんな同じ? 価格の違いは?

 そんな時、ふと入った薬局で目にした入浴剤。たくさん種類があってどれを買おうか悩みます。気になるのは値段と効果。

 さてここで質問です。

「10回分で1500円と3000円の入浴剤がありました。どちらも「医薬部外品」で、効果を比べてどの入浴剤も「効果・効能:冷え症、腰痛、リウマチ、神経痛、しっしん、しもやけ、あせも、荒れ性、うちみ、肩こり、くじき、ひび、あかぎれ、痔」と、ほぼ同じ効能が書かれているのに気づきます。

「だったら、安い方がいいじゃん」
 当然そう考えますよね。
 でも、よく考えてください。商品の値段が違うのには訳があります。その訳とは、原材料の種類や量などにそれだけコストがかかっているということです。

●医薬部外品と浴用化粧品との違い

 入浴剤には、さまざまな効果効能があります。疲れを癒すものや血行促進で冷え性にも効果的なものなど、さまざまな効果を得ることができます。このような効果効能は、「医薬部外品」の入浴剤には表記することが認められていますが、「浴用化粧品」には認められていません。これが医薬部外品と浴用化粧品の大きな違いです。しかし、この表記には、配合成分の量は直接関係しないのです。ですので、ある入浴剤は生薬を1回分20グラム使用、別の入浴剤は生薬を1回分40グラム使用していても、二倍の効能効果とは表示できません。

●体感で比べてください

 ここまでで、入浴剤はパッケージの表記だけでは比較できないということが、おわかりいただけたでしょうか?

 では、何を基準に選べば良いのでしょうか?

 ズバリ、一度ためしていただくことです!
 生薬の使用量によって「濃度」の違いもあります。また、生薬は一般的には刻み生薬を使用しますが、粉末にしたものを使用している入浴剤もあります。それだけでも体感がだいぶ違います。
 また、効能効果を期待するばかりに入浴剤を大量に入れれば良いというわけではありません。入浴剤の入れすぎは肌トラブルにつながる可能性もありますし、バスタブの劣化や追いだき配管等の故障の原因にもなりかねません。それぞれの入浴剤の用法・用量にしたがってお楽しみいただくのが良いと思います。

●入浴剤には疲労回復効果が! 日頃の疲れを癒そう

 仕事による足の疲労や肩こり、目の疲れなど、日頃の疲れが溜まっているという方が多いのではないでしょうか。入浴剤は、保温効果が高いため、疲労回復に効果的と言われています。特に、生薬成分入りの入浴剤は、生薬の有効成分に血管を拡張し、血流を促進する効果があるため、老廃物の流れも良くしてくれます。

●血行促進で身体の芯からポカポカ!

 入浴剤は、血行促進にも効果的なため、冷え性の方などの体質改善にも繋がります。生薬成分入りの入浴剤は、皮膚から吸収してくれるので、からだがポカポカと温まるのが実感できます。また新陳代謝を活性化して、足先までしっかりと血の巡りを良くしてくれますので、冷え症には効果があります。

●目的に合わせた入浴剤を選ぼう!

 ここまでお伝えしておわかりだと思いますが入浴剤には、さまざまな効果効能があります。まずは、ご自身がどんな効果を得たいかを明確にし、この効能に合わせて入浴剤を選ぶのがお勧めです。とりわけ日々の疲れを癒したい方には、よく温まり、しっとり潤うことに高い効果が期待できる、生薬成分の入浴剤をお勧めします。まずは、無料でサンプルを取り寄せてお試しいただいてはいかがでしょうか。