{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 03-5280-1700 (平日、土日、祝日いずれも9:00〜21:00)
 判型・ページ数:A5・136ページ
 出版年月日:2001年2月15日
 ISBN:978-4-938568-87-0

⑪シュタイナーが示す新しい生き方を求めて

商品番号 25011
シュタイナーに学ぶ通信講座2期5号
大村祐子
¥ 1,540 税込
「ひびきの村」には新しい生き方を求めてたくさんの方がいらっしゃいます。「精神の進化」を目指す生き方を求めて。
新しい生き方を求めて「ひびきの村」にやってきた子どもたちの様子や親ごさん、教師たちやスタッフのことを
ご紹介します。
ルドルフ・シュタイナーの示す新しい生き方、すなわち「精神の進化」を目指す生き方を求めて「ひびきの村」にくるのです。

新しい生き方をすることがどれほど難しく、大変なことであるかは痛いほどわかります。
しかし、ここには目的に向かって生きることを、いつも思い出させてくれる仲間がいて、学ぶ機会も多くあるのです。

●シュタイナーによる人生の7年周期は「人生の完成に向かう」 49歳から55歳まで。
「精神の進化」を遂げるために果たさなければならない課題は・・・?

●わたし自身を知るための6つのエクスサイズは「先入観をすてて世界と向き合う」練習です。
わたしたちの「心」の在り方を、「精神」の力によって変えようとする試みです。

●治癒教育は子どもが空間を正しく感じ、思い通りに動くことができるようになるためのエクスサイズです。
目次

大村祐子さんから「21世紀」のメッセージ 「皆さま、お元気ですか?」

今月のトピックス
シュタイナーが示す「新しい生き方を求めて」

子どもの成長段階(V) 12歳から14歳まで
「思春期の入り口で」

シュタイナーによる人生の7年周期 (5) 49歳から55歳まで
「人生の完成に向かって」

わたし自身を知るための6つのエクスサイズ (5)
先入観をすてて世界と向きあう

治癒教育とは
空間と動きに困難を持つ子どものために (2)

ペタゴジカル・ストーリー
「いや」「だめ」「きらい」「できない」と言う子どもへ

ホーム・ケア
「気管支炎を和らげるためのレモン温湿布」

Q&A「サクラメント時代、子どもたちに宛てて書いた手紙から」
「ひびきの村」からのお知らせ
読者のおたより
編集室だより
ひびきの村通信
大村 祐子(おおむら ゆうこ)

1945年北京生まれ。東京で育つ。
1987年、カリフォルニア州サクラメントのルドルフ・シュタイナー・カレッジ教員養成、ゲーテの自然科学・芸術コースで学ぶ。
1990年から1992年までサクラメントのシュタイナー学校で教える。1991年から日本人のための「自然と芸術コース」を
カレッジで開始。

2003年より教え子らと共に、北海道伊達市でルドルフ・シュタイナーの思想を実践する日本で初めての共同体
「ひびきの村」をスタートさせる。
「ひびきの村」代表。