{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 03-5280-1700 (平日、土日、祝日いずれも9:00〜21:00)
 判型・ページ数:四六判・216ページ
 出版年月日:2007年9月20日
 ISBN:978-4-7752-0057-5

④のびのび子育て・教育Q&A

商品番号 21004
小学生版シリーズ
ほんの木 編
¥ 1,760 税込
実は心配だった。誰にも聞きにくかった。これが知りたい58問
お母さんの悩みにそっと答えます。小学生のお母さんの必読書!
お母さん方の抱える不安や悩みには共通する部分が多いものです。
子どもたちが生きていく未来は大人も知らない未知の世界です。大人が「よあかれ」「こうあるべき」と思うことを押し
付けても、本当にその子にとって良いことか、役に立つかは誰にもわかりません。
子どもの人生にとって何より大切なことは、学力を上げることだけでもなく、一流校に入ることでもありません。
子どもたちが自分の力で自分らしい在り方や生き方を見出し、困難を解決しながら自分の役割や使命を見つけていけるく
ように、親はお手伝いをするだけなのです。
この視点に立つと、日常の小さな悩みから、進路など大きな決断に関わることまで、自ずと答えが導き出されるように
感じます。

9名の回答者からの貴重なアドバイスや知恵がきっと参考になるはずです。
目次

第1章 学校 わからないこと、困ったこと
Q1-Q8

第2章 進学・勉強 悩んでいます。あれも、これも
Q9-Q17

第3章 親子・夫婦 不安と迷い
Q18-Q24

第4章 家庭教育・しつけ どうすればいいの?
Q25-Q32

第5章 子どもの心・友達づきあい
Q33-Q39

第6章 親同士のおつき合い
Q40-Q44

第7章 お金・ゲーム・インターネット 大切なこと
Q45-Q51

第8章 からだ・性教育 何をどこまで、家庭の中で
Q2-Q58
魚住 絹代 (元法務教官・訪問指導アドバイザー)
内田 良子 (心理カウンセラー)
大村 祐子 (「ひびきの村」ミカエル・カレッジ代表)
尾木 直樹 (教育評論家)
北沢 杏子 (「性を語る会」代表)
汐見 稔幸 (白梅学園大学教授・副学長)
はせくら みゆき (画家・エッセイスト)
藤村 亜紀 (「出会いと生きがい創りの場 陽だまりサロン」主宰)
山下 直樹 (治療教育家・スクールカウンセラー)