{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 03-5280-1700 (平日、土日、祝日いずれも9:00〜21:00)
 判型・ページ数:四六判・208ページ
 出版年月日:2007年6月8日
 ISBN:978-4-7752-0051-3

③うちの子の幸せ論

商品番号 21003
小学生版シリーズ
ほんの木 編
¥ 1,760 税込
競争か、自分らしさか―学力だけでは子どもが幸せになれない。小学生の親に贈る未来への手引き
2007年度、首都圏の私立中学校受験者数は5万人を超え、過去最高を記録しました。
受験競争が過熱し、教育格差が広がる中、「学校の勉強だけではだめなの?」「中学受験、しなくてはいけないの?」
という不安や焦りも聞こえてきます。

子どもにとって本当に幸せな教育、進路の選び方は何なのか?
個性や可能性を伸ばすために親としてできることは?

長年教育に携わる6人が、日本の教育、子育てについて語る。小学生の親に贈る未来への手引き書。
「もやもやした不安が晴れました」「大切な原点を思い出しました」と小学生の親に大変好評です。
目次

●教育は誰のもの? 希望だけはある日本に

●「不登校に感謝」 子どもが親を変えてゆく

●子どもの失敗を見守り 自立の力をつけてゆこう

●可能性を伸ばすこととは 子どもを信じること

●自己肯定感を育 て親の期待を押しつけない

●変わり続ける世界の中で 親は子どもの伴走者
尾木 直樹 (教育評論家)
奥地 圭子 (東京シューレ理事長)
汐見 稔幸 (白梅学園大学学長)
秦 理絵子 (シュタイナー学園校長)
古荘 純一 (青山学院大学教授)
リヒテルズ直子 (オランダ教育研究家)