{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 03-5280-1700 (平日、土日、祝日いずれも9:00〜21:00)
 判型・ページ数:B5・80ページ
 出版年月日:2006年8月31日
 ISBN:978-4-7752-0064-3

アーユルヴェーダ・中医学・漢方・気功・ツボ・自然療法・・・
ホリスティックに癒し、治す世界の代替療法 東洋編

商品番号 28021
「ナチュラル&オルタナティブ」ヘルスブック⑨
上野 圭一(翻訳家・鍼灸師)
上馬塲 和夫(医学博士・富山大学和漢医薬学総合研究所未病解析応用研究部門客員教授)
幡井 勉(医学博士・ハタイクリニック院長)
関口 善太(薬剤師・鍼灸師・中醫堂
鵜沼 宏樹(鍼灸・指圧師・統合針灸治療院「元気」
帯津 良一(医学博士・帯津三敬病院名誉院長)
東城 百合子(自然療法家・「あなたと健康」主幹
安保 徹(医学博士・新潟大学大学院医歯学総合研究科教授)
¥ 1,650 税込
アーユルヴェーダ、中医学、漢方、気功、ツボなど東洋の思想を背景に持つ代替医療を体系的に整理してわかりやすく紹介。
自然は利用すべき対象物という西洋の思想に対して、自然との融合的な思想を軸としているのが東洋の代替療法です。
自然志向を軸にして考えられてきた東洋の代替療法の原点としてあげられるものはアーユルヴェーダや中医学で、
その周辺に多様な民間療法や伝承療法があります。
これらに共通しているのは、物理的な肉体と共に非物質的な目に見えないエネルギー身体があり、気の体があり、チャクラ
やツボもあり、そこに働きかけていくというところです。

・命の質を高める生き方と東洋の代替療法
・やさしいアーユルヴェーダ入門
・人を全体的に診る中医学
・かんたん気功のすすめ
・元気になるツボ療法

など、東洋の思想を背景に持つ代替療法を体系的に整理してわかりやすく紹介します。
目次

自然界の雄大な営みに学ぶ
命の質を高める生き方と東洋の代替療法

自分についてもっと知ることから始める
やさしいアーユルヴェーダ入門

一人ひとりにあった治療法を見つけていく
アーユルヴェーダ治療の現場から

検査や病院で原因がはっきりわからない症状にも効果を発揮する
人を全体的に診る中医学

どこでもわずかな時間でできる
かんたん気功のすすめ

痛み、美容、体の不調などに効果あり!自分でできる、1人でできる、br> 元気になるツボ療法

中医学、漢方、鍼灸、食養生、気功・・・
部分を診るからつながりを診る医療へ

命の根育てから始める
いのちを学ぶ自然療法
,br> 病気を治す医療の本質を考える

健康のための本ガイド

皆様からのご感想・声
ほんの木編集部
4.33
3
  • Y.M
    非公開
    投稿日
    ナチュラルオルタを読んで、とても勉強になりました。「代替療法」という言葉は知っていても、こんなに多くの方法があることは私にとって驚きでした。又、興味をもった分野について、もっと深く知りたい場合、参考になる文献が掲載されている点がありがたいです。日本ではまだまだ医療の分野に代替療法が取り入れられているとは言えない現状だと思いますが、患者にとっては代替療法がもっと利用しやすいものになれば、肉体的にはもちろん、精神的にも良い結果が得られるのではないでしょうか。日本も代替療法を取り入れるお医者様が少しでも増えてくれれば…と「ナチュラルオルタ」を読んで切に思いました。            
  • 非公開
    投稿日
    野草や薬草、アーユルヴェーダとアロマやハーブの比較などに興味があります。「ナチュラル」などというと、今はおしゃれにファッション的に取り上げることができると思いますが、そうではなく、事例が豊富で、わかりやすい知識に触れられる点がとてもよいと思います。
  • 非公開
    投稿日
    鵜沼宏樹さんの「かんたん気功のすすめ」の記事にありましたが、ボーっとしたり、時にだらだらしたり、ニコっとしたり。生真面目な人が多い日本人は学ぶべき点でしょう。鵜沼さんのたたずまいや表情もまさにそんなふうで、楽しく読ませていただきました。

おすすめ商品

前へ
次へ