ゴルフ場そこは僕らの戦場だった (西村國彦 著) | ほんの木通販サイト「自然なくらし」の「ゴルフ場そこは僕らの戦場だった (西村國彦 著)」商品ページです。

商品検索

この夏再登場!!

★ローズ★セール中!!

最新刊!好評発売中

新刊大好評発売中!

好評発売中!!

★おすすめ書籍

最新刊書籍!

売れ筋商品ランキング

ほんの木公式サイト

原発事故に寄せて

Home > 書籍 > 一般書籍 > ゴルフ場そこは僕らの戦場だった (西村國彦 著)

ゴルフ場そこは僕らの戦場だった (西村國彦 著)
ゴルフ場そこは僕らの戦場だった (西村國彦 著)

日本のゴルフ場再生の ヒントに満ちたドラマゴルフ場そこは僕らの戦場だった (西村國彦 著)

おすすめNEW!!
  • 送料無料

商品番号 golfcourse_our_battlefield

価格1,600円(税別)

[ 送料込 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
友達にメールで知らせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00

バブル崩壊後、日本のゴルフ場は外資を中心とする ハゲタカファンドの草刈り場となった。
その巨大資本に戦いを挑み、会員たちの団結と心ある 優良スポンサーの支援で、時には奇跡の様な勝利もある。
本書は太平洋クラブを舞台にゴルフ場再生と ハゲタカ退治に成功した、ゴルフ大好き弁護士チームの 痛快かつ溜飲の下がる戦いの記録である。


●主な目次
▼第1章 奇跡 
 ゴルフと裁判、ふたつの奇跡の始まり
▼第2章 苦悩 
 外資ハゲタカに食い尽くされた日本のゴルフ場
▼第3章 予兆 
 ハゲタカと会員の壮絶バトル
▼第4章 激闘 
 太平洋クラブ争奪戦、会員の勝利へ
▼第5章 運命 
 奇跡は起こった、最後に待っていた運命のドラマ
▼後書きに代えて
 法的 社会的運動に勝つには


●著者
西村國彦
弁護士・ゴルフジャーナリスト
ゴルフ場そこは僕らの戦場だった 著者 西村國彦
1947年生まれ。東京大学法学部卒。40歳から始めたゴルフにハマり、50歳からは世界の名コースを旅するゴルファー・ゴルフジャーナリストとして見聞を広める。2004年にはニューセントアンドリュースGCジャパン(栃木)でクラチャンのタイトルを獲得。HC3。バブル崩壊後の新しいゴルフ場再生に取り組んでいる。

ジップタイムさん

埼玉県/50代/女性 投稿日:2015年03月13日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

どこかで聞いたようなストーリーが多いなか、この本は完全オリジナルストーリーでしかも面白い。
この本が映画化されたら見てみたい。

名無しのゴルファーさん

東京都/40代/男性 投稿日:2015年03月13日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

とにかく面白かった!
ノンフィクションならではの緊迫感とスピード感。
ゴルフ好きな人には絶対にオススメ!

まちゃあきさん

非公開 投稿日:2015年03月10日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

読み始めたらハマっちゃって読み終えてしまった。
でも、何度読み返してもおもしろい!

ゴルフ団塊世代だけど外資系のゴルフ場ばっかりになると嫌だね。