アマゾン、インディオからの伝言 | ほんの木通販サイト「自然なくらし」の「アマゾン、インディオからの伝言」商品ページです。

Home > 書籍 > ほんの木出版物(一般書) > アマゾン、インディオからの伝言

アマゾン、インディオからの伝言

アマゾン、インディオからの伝言

商品番号 20078

価格1,700円(税別)

[ 送料込 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00

Y.Mさん

非公開 投稿日:2010年12月20日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

日本の女性がアマゾンの奥深く、インディオのために尽力する姿は感動的でしたが、様々な問題を抱えるインディオの今後、そして人類の未来を思うと重く複雑な気持ちになりました。
報道で知るアマゾン川流域の問題というと、乱開発や先進国の利権にからむ、生物の発見や乱獲など。その影で存続されるべきインディオの生活・文化が消滅しつつあることは知りませんでした。今の私たちが忘れてしまった大切なことが、インディオの生活にはたくさん残っています。
・ 部族によっては、言語に現在形しかなく「今」を大切に生きること。
・ 少しのもものでもみんなで分け合うこと。
・ 余分な食材は調達しないのでゴミは出ないこと。
・ 自然の法則に従って生き、貧富の格差もなく個性を尊重すること。そして、自殺者がいないこと等々。
これらは、人間が生きる上で基本的なこと。人間として当たり前の感覚を忘れ、経済活動にだけ邁進する姿は、どこかで終わりがきてしまう気がします。
今、私たち1人1人がインディオの心を謙虚に見習い、自分たちの生活を振り返る機会を持てれば、再び自然と共に心豊かに生きることができるのではないでしょうか。そして、それはインディオの生活、文化を守ることにつながっていく気がします。


目 次
第1章 アマゾン、9年めの旅
第2章 ラオーニとスティング
第3章 私のこと
第4章 世界先住民族会議に出かける
第5章 NGO、日本の現実
第6章 いよいよ初めてのシングー地域
第7章 雨期のシングー川で遭難
第8章 アマパ州で見た理想の政治
第9章 アマゾンの伝説に出会う
第10章 インディオたちの未来