がん代替療法の最前線 | ほんの木通販サイト「自然なくらし」の「がん代替療法の最前線」商品ページです。

Home > 書籍 > 代替医療シリーズ(全24冊) > がん代替療法の最前線

がん代替療法の最前線


この本の登場者
岡本裕
医師・特定非営利活動法人「21世紀の医療・医学を考える会」e-クリニック代表理事
岡本裕さん 医師・特定非営利活動法人「21世紀の医療・医学を考える会」e-クリニック代表理事
1957年大阪市生まれ。大阪大学医学部卒業。以後およそ12年間、主として悪性腫瘍(がん)の臨床、研究に従事した後、従来の医療・医学の考え方と手法に限界を感じ、臨床医をやめ、「21世紀の医療・医学を考える会」を有志の医師と一緒に立ち上げ、健康情報の配信、各地で健康セミナーを開催する。2001年、本音で応える医療相談ウェブサイト「e-クリニック」をスタート、代表理事を務めている。

安保徹さん 新潟大学大学院医歯学総合研究科教授
安保徹さん 新潟大学大学院医歯学総合研究科教授
1947年青森県生まれ。東北大学医学部卒業。1680年米国アラバマ州立大学留学中に、ヒトNK細胞抗原CD57に対するモノクローナル抗体(Leu-7)を作製。1989年胸腺外分化T細胞を発見。1996年白血球の自律神経支配のメカニズムを解明。2000年、百年来の通説、胃潰瘍=胃酸説を覆す顆粒球説を発表し大きな衝撃を与える。英文論文の発表数は200本以上、国際的な場で精力的に活躍し続ける世界的免疫学者。著書に『未来免疫学』、『免疫革命』、『ガンは自分で治せる』『薬をやめると病気は治る』等、顆粒球・リンパ球理論で免疫学関連の著書多数。

上野圭一さん 翻訳家・鍼灸師
上野圭一さん 翻訳家・鍼灸師
1941年兵庫県宝塚市生まれ。1964年早稲田大学英文科卒業、フジテレビジョン入社、主として社会番組のディレクター。同社退社後、1971年に渡米しカリフォルニア州バークレー市に移住。翻訳活動を始め、1976年に帰国。現在、日本ホリスティック医学協会副会長。代替医療利用者ネットワーク副代表。消費者、市民、エコロジー等の幅広い視野で鋭い理論を展開。アンドルー・ワイル博士の訳者としても有名。訳書に『癒す心、治る力』(角川書店)、『ワイル博士のナチュラル・メディスン』(春秋社)等多数。著書に『補完代替医療入門』(岩波書店)、『代替医療』(角川書店)等。

帯津良一さん 帯津三敬病院名誉院長
帯津良一さん 帯津三敬病院名誉院長
1936年埼玉県生まれ。1961年東京大学医学部卒業。医学博士。1982年帯津三敬病院を設立。2001年ホリスティック医学を目指す、帯津三敬塾クリニックを開設。帯津三敬病院名誉院長。帯津三敬塾クリニック顧問。日本ホリスティック医学協会会長、日本健身気功協会会長。がんなどの治療で、患者の自然治癒力を引き出すホリスティック医学の第1人者。

星野仁彦・医学博士・福島学院大学副学長
星野仁彦さん 医学博士・福島学院大学副学長
1947年福島県生まれ。専門は児童青年精神医学。福島県立医科大学卒業後、米国エール大学児童精神科に留学。42歳のときに大腸がんを発症し手術をする。その後、肝臓への転移が見つかる。統計上5年生存率0%となるが、星野式ゲルソン療法でがんを克服。現在、福島県郡山市のロマリンダクリニックにてがん患者のメンタルケアも行う。著書に『がんと闘う医師のゲルソン療法』『機能不全家族』など多数。

済陽高穂
さん 医学博士・三愛病院院長
済陽高穂さん 医学博士・三愛病院院長
1945年宮崎県生まれ。1970年千葉大学医学部卒業後、東京女子医大消化器病センター入局。以後、千葉大OBで消化器がんの権威、中山恒明、羽生富士夫の両医師に師事。1973年米テキサス大学外科教室留学、ジェームズ・トンプソン前米国外科学会長の元で消化管ホルモンを研究。帰国後、東女医大助教授。1994年都立荏原病院外科部長。2003年より都立大塚病院副院長を経て、2007年都立北療育臨床医療センター副院長と千葉大学医学部臨床教授を兼任し、現在に至る。明朝末期に中国から渡来、都城・島津氏に仕えた薬師を先祖にもつ。

滝原章宏さん 医学博士・帯津三敬塾クリニック医師
滝原章宏さん 医学博士・帯津三敬塾クリニック医師
1944年、和歌山県生まれ。日本東洋医学会専門医。1969年、鳥取大学医学部卒業。愛媛県立北宇和病院、佐久総合病院、草加市立病院外科、外務省在ナイジェリア大使館勤務を経て、帯津三敬病院にて外科、悪性腫瘍の漢方治療に従事する。漢方は日本漢方協会等、又、帯津三敬病院にて、上海中医薬大学腫瘍科教授、に師事する。

土橋重隆さん 医学博士・三多摩医療生協・国分寺診療所医師。
土橋重隆さん 医学博士・三多摩医療生協・国分寺診療所医師。
1952年、和歌山県生まれ。食道静脈瘤内視鏡敵栓塞療法、腹腔鏡下胆嚢摘出術の第一人者。その後、帯津三敬病院で終末期医療を経験し、現在は「治療の主役は医者ではなく、患者さん」と訴え、全国各地で講演活動や執筆活動にも精力的に力をいれている。

谷口一則さん たにぐちクリニック。
谷口一則さん たにぐちクリニック
1961年大阪府生まれ。大阪医科大学卒業。同年大阪大学第二外科入局。その後、千里救命救急センタ-、国立大阪病院外科等にて一般消化器外科、乳腺外科医として勤務。14年間がんの外科に携わった後に思う事あって、2002年大阪医科大学整形外科に入局。南大阪病院整形外科を経て2003年たにぐちクリニック開院。現在21世紀の医療医学を考える会会員。eクリニックスタッフ医師。JICAのJMTDR国際災害医療チーム登録。2001年、2002年にはモンゴル遊牧民健康調査医師として、医療ボランテイアにも従事。

福田稔さん 医師・日本自律神経免疫治療研究会理事長
福田稔さん 医師・日本自律神経免疫治療研究会理事長
1939年福島県生まれ。新潟大学医学部卒。1996年に刺絡療法に出会い独自の研究を重ね、免疫力を高めて病気を治す自律神経免疫療法を確立。福田医院医師。日本自律神経免疫治療研究会理事長。湯島清水坂クリニック顧問。


がん代替療法の最前線
がん代替療法の最前線
がん代替療法の最前線

がん代替療法の最前線

商品番号 28023

価格1,500円(税別)

[ 送料込 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(4.5) 4.67

S.Mさん(1件)

非公開 投稿日:2009年06月12日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

初めて読みましたが、医学知識がない私にも理解しやすい内容でした。病気にならない体をつくっていくためのヒントがたくさん盛り込まれていて、既刊本にも興味を持ちました。出産を機に静脈瘤ができたのですが、対処法についてくわしく知りたくなりました。

T.Aさん(1件)

非公開 投稿日:2009年05月30日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

「がんは標準治療だけでは治らない」「標準治療は医者のためであって、患者のためではない」など、11号の内容にふれて、「自分の病は自分で治すしかない!」と実感いたしました。西洋医学の治療は限界に来ています。巨大製薬企業の言いなりにならないように、しっかりと自分の自然治癒力を信じるようにしたいです。

K.Mさん(1件)

非公開 投稿日:2009年04月12日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

11号「がんの代替療法」を読みました。西洋医学についてもよく知る先生方ばかりなので、わかりやすく説得力があります。代替療法に疑心暗鬼になっている家族にも読ませたいと思います。ぜひこれからも、より多くの事例やデータをご紹介してください。


おすすめ関連商品

「なぜ病気になるのか?」を食べることから考える

価格 1,500円(税別)

症状別食材の摂り方など、食事で免疫力・自然治癒力を高める基礎知識をわかりやすく編集

体に聞く「治す力・癒す力」

価格 1,500円(税別)

しのびよる「病い」を予防する方法
健康の原則をチェックする本