ホリスティックに癒す治す 世界の代替療法−東洋編− | ほんの木通販サイト「自然なくらし」の「ホリスティックに癒す治す 世界の代替療法−東洋編−」商品ページです。

Home > 書籍 > 代替医療シリーズ(全24冊) > ホリスティックに癒す治す 世界の代替療法−東洋編−

ホリスティックに癒し、治す 世界の代替療法 東洋編


この本の登場者
上馬塲和夫さん 
富山大学和漢医薬学総合研究所未病解析
応用研究部門客員教授・医学博士
上馬塲和夫さん  富山大学和漢医薬学総合研究所未病解析 応用研究部門客員教授・医学博士
1953年広島県生まれ。1987年広島大学医学部卒業後。国家公務員共済組合虎の門病院内科を経て、北里研究所附属東洋医学総合研究所、同臨床薬理研究所に入所。インド、グジャラート・アーユルヴェーダ大学より脈診に対する研究(1993〜1994年)に対してゴールドメダルを授与される。1999年から富山県国際伝統医学センター次長。現在、富山大学和漢医薬学総合研究所未病解析応用研究部門客員教授、日本アーユルヴェーダ学会理事。合気道2段、ヨーガの瞑想暦18年。著書に『アーユルヴェーダ・ヨガ』(金芳堂)『アーユルヴェーダ入門』(地球丸)など多数。

安保徹さん 新潟大学大学院医歯学総合研究科教授
安保徹さん 新潟大学大学院医歯学総合研究科教授
1947年青森県生まれ。東北大学医学部卒業。1680年米国アラバマ州立大学留学中に、ヒトNK細胞抗原CD57に対するモノクローナル抗体(Leu-7)を作製。1989年胸腺外分化T細胞を発見。1996年白血球の自律神経支配のメカニズムを解明。2000年、百年来の通説、胃潰瘍=胃酸説を覆す顆粒球説を発表し大きな衝撃を与える。英文論文の発表数は200本以上、国際的な場で精力的に活躍し続ける世界的免疫学者。著書に『未来免疫学』、『免疫革命』、『ガンは自分で治せる』『薬をやめると病気は治る』等、顆粒球・リンパ球理論で免疫学関連の著書多数。

上野圭一さん 翻訳家・鍼灸師
上野圭一さん 翻訳家・鍼灸師
1941年兵庫県宝塚市生まれ。1964年早稲田大学英文科卒業、フジテレビジョン入社、主として社会番組のディレクター。同社退社後、1971年に渡米しカリフォルニア州バークレー市に移住。翻訳活動を始め、1976年に帰国。現在、日本ホリスティック医学協会副会長。代替医療利用者ネットワーク副代表。消費者、市民、エコロジー等の幅広い視野で鋭い理論を展開。アンドルー・ワイル博士の訳者としても有名。訳書に『癒す心、治る力』(角川書店)、『ワイル博士のナチュラル・メディスン』(春秋社)等多数。著書に『補完代替医療入門』(岩波書店)、『代替医療』(角川書店)等。

帯津良一さん 帯津三敬病院名誉院長
帯津良一さん 帯津三敬病院名誉院長
1936年埼玉県生まれ。1961年東京大学医学部卒業。医学博士。1982年帯津三敬病院を設立。2001年ホリスティック医学を目指す、帯津三敬塾クリニックを開設。帯津三敬病院名誉院長。帯津三敬塾クリニック顧問。日本ホリスティック医学協会会長、日本健身気功協会会長。がんなどの治療で、患者の自然治癒力を引き出すホリスティック医学の第1人者。

幡井 勉
ハタイクリニック院長・医学博士
幡井 勉さん ハタイクリニック院長・医学博士
1918年大阪生まれ。早くから東洋医学やインド医学のもつ効果に注目、研究をつづけてきた先駆者的存在。大阪帝国大学医学部卒業、医学博士。東邦大学医学部教授を経て、同大名誉教授。現在は東京都目黒区でハタイ・クリニックを開設し、漢方とアーユルヴェーダを取り入れた治療を実践、難病、慢性病に効果をあげている。アーユルヴェーダ研究会東京支部長、日本アーユルヴェーダ学会理事長を歴任、東洋伝承医学研究所所長。著書に『新版アーユルヴェーダの世界』、訳書に『入門アーユルヴェーダ』(共訳)など多数。

関口善太さん 薬剤師・鍼灸師・中醫堂
関口善太さん 薬剤師・鍼灸師・中醫堂
1957年、新潟県生まれ。明治薬科大学薬剤学科、早稲田医療専門学校卒業後、北京中医学院(現北京中医薬大学)に3年間留学。現在、中醫堂・関口薬局・関口鍼灸院において患者の治療・養生指導にあたる一方、早稲田医療専門学校講師、東京衛生学専門学校講師、中医学留学経験者連絡協議会学部長、日本中医学交流会世話人、TCMN(中医学ネットワーク)世話人を務めている。

鵜沼宏樹
鍼灸・指圧師・統合針灸治療院「元気」
鵜沼宏樹さん 鍼灸・指圧師・統合針灸治療院「元気」
鍼灸・指圧師。1962年鳥取県生まれ。中国・北京中医学院(現・北京中医薬大学)に留学。卒業後、北京教授講学団伝統医学治癱研究所勤務。日本で鍼灸・指圧師の資格取得の後、再び留学、天津、瀋陽、北京で気功医師、太極拳家、鍼灸医に師事。帰国後、帯津三敬病院中国室長として西洋医学と連携しつつ、末期がんや難病患者の鍼灸、気功治療にあたる。帯津三敬塾クリニック勤務を経て、統合針灸治療院「元気」を開設。世界医学気功学会理事、帯津三敬塾クリニック気功講師を務める。

東城百合子
自然療法家 「あなたと健康」主幹
東城百合子 さん 自然療法家 「あなたと健康」主幹
1925年岩手県生まれ。1945年、当時日本の栄養学の草分けだった佐伯ただす博士に学び、栄養士となる。1949年に肺結核を患い、一時は死を覚悟するが、玄米自然食によって病から立ちなおる。以来、自然の食べもの、自然の力を多くの人に伝えるため、健康運動を始める。世界的な大豆博士といわれた国際栄養研究所所長。WHO理事のWHミラー博士に師事し、その縁で戦後の混乱期にあった沖縄に渡る。全島に健康改革の光をともし、人々に大きく貢献した。1973年月刊誌「あなたと健康」を創刊。出版活動、健康食料理教室、栄養教室、講演活動等に尽力、今日に至る。著書に「家庭でできる自然療法」「お母さんの栄養学」『食卓からの健康改革』「お天道さま、ありがとう」「マイナスもプラスに生きる」など多数。


世界の代替療法−東洋編−
世界の代替療法−東洋編−
世界の代替療法−東洋編−

ホリスティックに癒す治す 世界の代替療法−東洋編−

商品番号 28021

価格1,500円(税別)

[ 送料込 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(4.5) 4.33

Y.Mさん

非公開 投稿日:2010年11月16日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

ナチュラルオルタを読んで、とても勉強になりました。「代替療法」という言葉は知っていても、こんなに多くの方法があることは私にとって驚きでした。又、興味をもった分野について、もっと深く知りたい場合、参考になる文献が掲載されている点がありがたいです。日本ではまだまだ医療の分野に代替療法が取り入れられているとは言えない現状だと思いますが、患者にとっては代替療法がもっと利用しやすいものになれば、肉体的にはもちろん、精神的にも良い結果が得られるのではないでしょうか。日本も代替療法を取り入れるお医者様が少しでも増えてくれれば…と「ナチュラルオルタ」を読んで切に思いました。            

T.Aさん(1件)

非公開 投稿日:2009年02月12日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

野草や薬草、アーユルヴェーダとアロマやハーブの比較などに興味があります。「ナチュラル」などというと、今はおしゃれにファッション的に取り上げることができると思いますが、そうではなく、事例が豊富で、わかりやすい知識に触れられる点がとてもよいと思います。

K.Kさん(1件)

非公開 投稿日:2009年01月20日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

鵜沼宏樹さんの「かんたん気功のすすめ」の記事にありましたが、ボーっとしたり、時にだらだらしたり、ニコっとしたり。生真面目な人が多い日本人は学ぶべき点でしょう。鵜沼さんのたたずまいや表情もまさにそんなふうで、楽しく読ませていただきました。


おすすめ関連商品

体に聞く「治す力・癒す力」

価格 1,500円(税別)

しのびよる「病い」を予防する方法
健康の原則をチェックする本

心と体と生命を癒す世界の代替療法-西洋編

価格 1,500円(税別)

西洋を起源とするナチュラルな自然治癒力を高めるためのアプローチ
治療の可能性を広げる患者主体の医療とは何か?

生き方を変えれば病気は治る

価格 1,500円(税別)

知らないと怖い!文明病と生活環境病
体の中から病気を予防する本