季刊『社会運動』2020年10月【440号】特集:コロナ下におけるマイノリティ −子ども、生活困窮者、障がい者、外国人− | ほんの木通販サイト「自然なくらし」の「季刊『社会運動』2020年10月【440号】特集:コロナ下におけるマイノリティ −子ども、生活困窮者、障がい者、外国人−」商品ページです。

Home > 書籍 > 社会運動シリーズ > 季刊『社会運動』2020年10月【440号】特集:コロナ下におけるマイノリティ −子ども、生活困窮者、障がい者、外国人−

季刊『社会運動』2020年10月【440号】特集:コロナ下におけるマイノリティ −子ども、生活困窮者、障がい者、外国人−

季刊『社会運動』2020年10月【440号】特集:コロナ下におけるマイノリティ −子ども、生活困窮者、障がい者、外国人−

おすすめNEW!!

商品番号 Social_Movements_440

ご予約承り中
発売開始より順次発送いたします。

1,100円(税込)

[ 送料込 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

*********************
特集 コロナ下のマイノリティ 子ども、生活困窮者、障がい者、外国人

●FOR READERS 誰も助けてくれない社会になる
●家族の序列と女性……井戸 まさえ(元衆議院議員会)
●「ステイホーム」と少女たち……仁藤 夢乃(Colabo代表・社会活動家)
●コロナ感染拡大下の外国人労働者……鈴木 江理子(国士舘大学文学部教授)
●「新しい生活様式」と視覚障がい者……藤野 喜子(全日本視覚障害者協議会総務局長)
●生活困窮者とハウジングファースト……稲葉 剛(つくろい東京ファンド代表理事)
●外国につながる高校生の困難……角田 仁(東京都立一橋高等学校主任教諭)
●性風俗で働く女性たちの現実……宮本 節子(ばっぷすスーパーバイザー)
●これからの食糧危機……柴田 明夫(資源・食糧問題研究所代表)
●メディアと大阪府知事……松本 創(ノンフィクションライター)
●ヘイトと日本社会……安田 浩一(ノンフィクションライター)

エッセイ
●齋藤 陽道(写真家)
●結城 幸司(アイヌアートプロジェクト代表) ●栗田 隆子(文筆家)

各地の生活クラブから
●フードバンクかながわ
  ●生活サポート基金
  ●西東京・ワーカーズまちの縁がわ「木・々」
●ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
●生活クラブ生協・埼玉 飯能支部

連載
●韓国語翻訳家 架けられた橋の上に佇む 第5回
「あなたに」の「タニ」だけ残った歌謡曲のこと……斎藤 真理子(韓国語翻訳家)
●悼みの列島日本を語り伝える第17回
*********************
   本体価格:1,000円(税抜)
   サイズ:A5
   ページ数:172頁
   発売日:2020年10月15日