季刊『社会運動』2020年7月【439号】特集:いまなら間に合う!気候危機 | ほんの木通販サイト「自然なくらし」の「季刊『社会運動』2020年7月【439号】特集:いまなら間に合う!気候危機」商品ページです。

Home > 書籍 > 社会運動シリーズ > 季刊『社会運動』2020年7月【439号】特集:いまなら間に合う!気候危機

季刊『社会運動』2020年7月【439号】特集:いまなら間に合う!気候危機

季刊『社会運動』2020年7月【439号】特集:いまなら間に合う!気候危機

おすすめNEW!!

商品番号 Social_Movements_439

1,100円(税込)

[ 送料込 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

*********************
特集 いまなら間に合う! 気候危機 残る10年で何をするのか特集 いまなら間に合う! 気候危機 残る10年で何をするのか
●FOR READERS
「想定外」ではない気候危機
1 どうして地球は過熱化し災害は起こるのか
●[ データページ ] 気候危機 この10年、何もできなければ
●地球の気候変動、何がどうしてそうなるの?……鬼頭 昭雄(気象業務支援センター 研究推進部)
●「日本水没」が起こる日 殺人級大雨と巨大複合災害……河田 惠昭(京都大学名誉教授)

2 気候危機 ここに問題がある
●2030年は人類の分岐点になるのか……高村 ゆかり(東京大学未来ビジョン研究センター教授)
●「脱炭素社会」へ 岐路に立つ石炭火力発電……岡田 広行(『東洋経済』記者)
●「地球温暖化はウソ」と思っている方へ……江守 正多(国立環境研究所地球環境研究センター 副センター長)
●気候変動の危機を前に私たちは何をすべきか……足立 治郎(「環境・持続社会」研究センター(JACSES) 事務局長)

3 地域でできること 未来に向けて考えること
●自治体の温暖化対策と市民の役割……豊田 陽介(気候ネットワーク上席研究員)
●自然エネルギー100パーセントの社会をつくるキーワードは「提携」……三浦 秀一(東北芸術工科大学教授)
●アマゾンの森林破壊と乾燥化が止まらない 熱帯雨林に暮らす先住民族とともに……南 研子(RAINFOREST FOUNDATION JAPAN代表)
●いまの世界のシステムを根元から変える試み
 北欧はなぜ環境先進国なのか ―エコ市民の幸福な暮らし……鐙 麻樹(北欧ジャーナリスト)
 グレタに揺さぶられた若者たち……フライデーズ・フォー・フューチャー  気候危機に立ち向かう〈コモン〉の領域を広げる……斎藤 幸平(大阪市立大学准教授)

連載
●韓国語翻訳家 架けられた橋の上に佇む 第4回
私のわなわなと韓国人の四角四面の正論……斎藤真理子(韓国語翻訳家)
●悼みの列島 日本を語り伝える 第16回
花岡事件から75年 ライター……室田元美(ライター)

Book
『「差別根絶条例」を全国へ広げよう!』

*********************
   本体価格:1,000円
   サイズ:A5
   ページ数:185頁
   発売日:2020年7月15日

↓こちらからもご覧いただけます。
amazonへ