季刊『社会運動』 2017年4月号【426号】20年後、子どもたちの貧困問題 格差社会を終わらせよう | ほんの木通販サイト「自然なくらし」の「季刊『社会運動』 2017年4月号【426号】20年後、子どもたちの貧困問題 格差社会を終わらせよう」商品ページです。

Home > 書籍 > 社会運動シリーズ > 季刊『社会運動』 2017年4月号【426号】20年後、子どもたちの貧困問題 格差社会を終わらせよう

季刊『社会運動』 2017年4月号【426号】20年後、子どもたちの貧困問題 格差社会を終わらせよう
季刊『社会運動』 2017年4月号【426号】20年後、子どもたちの貧困問題 格差社会を終わらせよう

季刊『社会運動』 2017年4月号【426号】20年後、子どもたちの貧困問題 格差社会を終わらせよう

おすすめ

商品番号 Social_Movements_426

価格1,000円(税別)

[ 送料込 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

*********************
目次

20年後、子どもたちの貧困問題
格差社会を終わらせよう!

今から10年前、そして、10年後

FOR READERS
「貧困は自己責任」と放置すれば日本は危機的状況になる

T 女性、若者たちの「現在」

すべての少女に「衣食住」と「関係性」を!少女から搾取しない社会へ
女子高生サポートセンターColabo代表 仁藤 夢乃

なぜ、女性は貧困なのか
―3人の事例から考える ノンフィクションライター 飯島 裕子

企業と家庭は激変し若者は貧困を強いられた
NPO法人ほっとプラス 代表理事 藤田孝典

U 子どもたちのための「未来の創り方」

福祉の限界を超える町民すべてが生涯現役 藤里町社会福祉協議会会長 菊地 まゆみ

ひきこもりの若者支援の場を地域でつくる
NPO法人リロード、ワーカーズ・コレクティブはっぴいさん 編集部

貧困対策に必要なのは連帯への意識変換 首都大学東京教授 阿部 彩

社会の分断を消す選択肢をつくる 慶応義塾大学教授 井手 英策

オランダの子どもはなぜ「幸せ」なのか 教育・社会研究家 リヒテルズ 直子
 
悼みの列島 日本を語り伝える第3回
信州に遺る満州に渡った人びとの思い ライター 室田 元美

おしどりマコの知りたがりの日々・レッツ想定外! 第6回
ドイツの脱原発の動きは次のステージへ 芸人・記者 おしどりマコ


*********************
本体価格:1,000円(税込1,080円)
サイズ:A5
ページ数:158頁
発売日:2017年4月15日