『イエナプランを学ぶオンライン講座』(2022年)

本を使ってZoomで学ぶ『イエナプランを学ぶオンライン講座』の2022年度の申し込み受付を開始します。

講師:リヒテルズ直子

九州大学大学院修士課程(比較教育学)及び博士課程(社会学)単位取得修了。1996年よりオランダに在住。オランダの教育及び社会について著作・論考を発表。「一般社団法人日本イエナプラン教育協会」特別顧問。日本での講演やワークショップ、シンポジウム、オンライン講演・研修のほか、オランダでは、日本人向けのイエナプラン研修や視察を企画・コーディネートしている。著書に『手のひらの五円玉 私がイエナプランと出会うまで』『祖国よ、安心と幸せの国となれ』(以上ほんの木)、『オランダの個別教育はなぜ成功したのかーイエナプラン教育に学ぶ』(平凡社)、『今こそ日本の学校に! イエナプラン実践ガイドブック』(教育開発研究所)、共著に、『親子が幸せになる 子どもの学び大革命』『いま「開国」の時、ニッポンの教育』(以上ほんの木)、『公教育をイチから考えよう』(日本評論社)など著書多数。イエナプランを学ぶ人のための教科書『イエナプラン  共に生きることを学ぶ学校』『マルチプル・インテリジェンスに学ぶ 見つけよう、引き出そう 1人ひとりの子の才能』子どもたちの「対話力、考える力」を引き出す『てつがくおしゃべりカード』『てつがく絵カード』(以上ほんの木)日本語版翻訳者。

●3講座とも下記の日程で開催予定ですが、変更になる場合もあります。
●開催日はそれぞれの講座開催ひと月前には確定します。
●3講座とも、この書籍をテキストに使用します。

『イエナプラン共に生きることを学ぶ学校』(ほんの木刊)
フレーク・フェルトハウズ、ヒュバート・ウィンタース 著 リヒテルズ 直子 訳
 A5サイズ 256ページ 2色刷り 3,300円(税別)

お申し込み

(1)このページの「参加フォーム」で申し込む

※初心者のための”基礎編”は定員に達しましたので、キャンセル待ちのお申し込みとなります。

(2)ほんの木にメール、電話、ファックスで申し込む

  Eメール  jena@honnoki.co.jp
  電話 03-3291-3011 
  ファックス 03-3291-3030

初心者のための“基礎編”

※初心者のための”基礎編”は定員に達しましたので、キャンセル待ちのお申し込みとなります。

イエナプランについてまだあまり知らないイエナプランの初心者を対象とした基礎編です。『イエナプラン 共に生きることを学ぶ学校』の第1章と第2章を参考書籍として、毎回、講座の前に指定の箇所を読んだ上で参加していただきます。「学校現場の教員や管理職者のほか、高校生や大学生、研究者、自治体の教育行政関係者の方」にもおすすめです。講師と、あるいは受講者同士の意見交換や対話を通して、体験的に考えことやプレゼンテーションの仕方なども学びます。

●期間:2022年3〜5月(全6回)
●受講方法:Zoomを使用/受講料:3万円(税別)/定員:30名(予定)

[第1回]3月11日(金) 日本時間20−22時
 同調でなく共生を学ぶ学校……ペーターセンとフロイデンタール、イエナプランの特徴(テキストP10-24)
[第2回]3月25日(金) 日本時間20−22時
 私たちが望む未来社会とは……20の原則・6つのクオリティ・7つのエッセンス(テキストP25-45)
[第3回]4月8日(金) 日本時間20−22時
 地球市民(自分を知り、他者を受け入れ、世界に背を向けない人)を育てる……イエナプランのコア・クオリティが意味しているもの(テキストP66)
[第4回]4月22日(金) 日本時間20−22時
 自分の得意・不得意を知った学びの主体者を育てる……コア・クオリティ1:自分との関係(P67-85)
[第5回]5月6日(金) 日本時間20−22時
 自分と違う他者を祝福し、多様性を尊重する……コア・クオリティ2:他者との関係(テキストP86-99)
[第6回]5月20日(金) 日本時間20−22時
 人類社会への挑戦に対してポジティブにかかわる人間を……コア・クオリティ3:世界との関係(テキストP100-124)

●自由参加の「振り返り会」(全3回)を開催します。講師は出席しません。(振り返り会は、各自が学びを深めることを目的としています。不参加でも講座の受講に支障はありません)
[第1回]4月1日(金)日本時間20−21時
[第2回]4月28日(木)日本時間20−21時
[第3回]5月27日(金)日本時間20−21時

実践者のための“応用編”

応用編は、既にイエナプランに関わりのある方、あるいはこれから教育実践にイエナプランを取り入れようと考えている方を対象にした講座です。主として「教育関係組織の現場で働く教育者、および管理職者」を対象にしています。日本での教育実践で直面する問題を意識しながら、講師との質疑などのインタラクションの時間を多く含めた、ワークショップ型の時間を多く予定しています。

●期間:2022年9〜11月(全6回)
●受講方法:Zoomを使用/受講料:3万円(税別)/定員:30名(予定)

[第1回]9月16日(金) 日本時間20−22時
 学校の形をペダゴジカルなものに …… 子ども学・異年齢学級・学校環境(テキスト第3章1・2・7・13)
[第2回]9月30日(金) 日本時間20−22時
 共に成長するチャンスを学校に …… 4つの基本活動の意義と展開(テキスト第3章4・5・6・7)
[第3回]10月14日(金) 日本時間20−22時
 自立的な学びと協働的な学びをバイオリズムに合わせて …… ブロックアワーとリズミックな週計画(第3章8・9)
[第4回]10月28日(金) 日本時間20−22時
 スキルを身につけ学びの楽しさを知る …… 教科学習とファミリーグループワークの意義と関係(第3章10・11)
[第5回]11月11日(金) 日本時間20−22時
 問いを持ち仲間と共に探究する(科学の手続きを学ぶ) …… ファミリーグループワークの実践
 (テキスト第3章 11・12・18・19)
[第6回]11月25日(金) 日本時間20−22時 問われている大人たちの協働
 …… 教員のリーダーシップと専門化、保護者の潜在力(テキスト第3章14・15・16・家庭でできるヒント)

●自由参加の「振り返り会」(全3回)を開催します。講師は出席しません。(振り返り会は、各自が学びを深めることを目的としています。不参加でも講座の受講に支障はありません)
[第1回]9月22日(木)日本時間20−21時
[第2回]10月21日(金)日本時間20−21時
[第3回]12月2日(金)日本時間20−21時

新設しました 学校チーム研修

 イエナプランを、すでに組織で取り入れながら教育実践を行っている、あるいは企画している団体(グループ)が対象です。受講には、原則1つの団体(グループ)から3名以上の参加をしてください。「同じ団体(グループ)の参加者が、イエナプランのビジョンや授業形式についての情報を共有して、実践活動のベースを作ること」を学びます。また、「イエナプランらしい教育団体の組織とはどうあるべきか」についても学びます。

●期間:2022年6〜7月(全6回)/受講方法:Zoomを使用
●受講料:チーム内の3人まで10万円(税別)が基本料金。1人追加ごとに3万円(税別)/定員:30名(予定)

●ご注意…参加が5チームに満たない時は(4チームまで)、講座設定日を2023年1月以降に繰り越します。学校チーム研修では「振り返り会」は行いません。

[第1回](6月10日(金) 日本時間20−22時)
 未来社会へのビジョンを共有する学校共同体
[第2回](6月17日(金) 日本時間20−22時)
 共感を育てる:遊びと催しを企画する
[第3回](6月24日(金) 日本時間20−22時)
 違いを尊重し、違いから学ぶための「対話」とは?
[第4回](7月1日(金) 日本時間20−22時)
 イエナプランが求めるリーダー(校長のリーダーシップ、グループリーダーのリーダーシップ)
[第5回](7月8日(金) 日本時間20−22時)
 ホンモノから学ぶ 学び続けている大人(システム市民の育成)
[第6回](7月15日(金) 日本時間20−22時)
 システムとしての学校(子どもの自治、保護者参加、同僚同士の役割分担)

イエナプラン 共に生きることを学ぶ学校
イエナプランを学ぶ人の必読書!
「イエナプラン
共に生きることを学ぶ学校」

 

 

>イエナプラン 共に生きることを学ぶ学校

イエナプラン 共に生きることを学ぶ学校

フレーク・フェルトハウズ、 ヒュバート・ウィンタース 著 リヒテルズ 直子 訳

CTR IMG