88万人のコミュニティデザイン 希望の地図の描き方(世田谷区長 保坂展人 著) | ほんの木通販サイト「自然なくらし」の「88万人のコミュニティデザイン 希望の地図の描き方(世田谷区長 保坂展人 著)」商品ページです。

商品検索

★ローズ★セール中!!

最新刊!好評発売中

新刊大好評発売中!

★ローズ★セール中!!

新刊大好評発売中!

好評発売中!!

★おすすめ書籍

最新刊書籍!

売れ筋商品ランキング

ほんの木公式サイト

原発事故に寄せて

Home > 書籍 > 新刊書籍 > 88万人のコミュニティデザイン 希望の地図の描き方(世田谷区長 保坂展人 著)

88万人のコミュニティデザイン 希望の地図の描き方(世田谷区長 保坂展人 著)
88万人のコミュニティデザイン 希望の地図の描き方(世田谷区長 保坂展人 著)

やり方によって社会は変わる、地域も動き始める、 という実感が伝われば幸いです。希望はあながち夢じゃない88万人のコミュニティデザイン 希望の地図の描き方(世田谷区長 保坂展人 著)

おすすめNEW!!
  • 送料無料

商品番号 880000_communitydesign

価格1,500円(税別)

[ 送料込 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
友達にメールで知らせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

 この3年数カ月間、人口88万人の世田谷区長として仕事をしてき ました。政治家の仕事とは、人々の暮らしと健康を守り、「よりよ い結果」を生み出すために日夜努力することにあります。就任直後 に「5%は大胆に変える」と話しました。毎年5%の改革を続けて いけば、4年間で20%近くの改革を進めることになります。
 私は実務家に徹しました。その結果、区政の各所から変化が生ま れ新しい芽を出してきています。生身の人間として迷い、葛藤して きた青年期の回想も入れました。これから読んでいただくのは、ひ とつひとつが具体的な事業であり、住民の目に見える結果です。

■目次
1章 孤独な10代と生きづらさを抱える若者たち
2章 保育園の「子どもの声」は騒音か
3章 子どもの声を聞くことから出発する
4章 超高齢化時代と世田谷型「地域包括」
5章 地域から始めるエネルギー転換
6章 民主主義の熟成が時代の扉を開く
7章 地域分権と「住民参加と協働」の道

■著者経歴
1955年宮城県仙台市生まれ。
高校進学時の内申書をめぐり16年間の内申書裁
判をたたかう。
新宿高校定時制中退後、数十種類の仕事を経てジャーナリストになる。
1996年、衆議院議員に初当選、09年8月まで3期11年を務め、546回の国会質問で話題となり「国会の質問王」と呼ばれる。
2011年4月、世田谷区長に当選(現在1期目)。

「88万人のコミュニティデザイン 希望の地図の描き方」

世田谷区長 保坂展人 著
定価 1,500円(税別)